肝臓病の原因

肝臓病の原因として考えられているのはアルコール、肥満、ウイルスとされています。この3つが原因で肝臓病になる事が多いと言う事です。

1・ウイルスの場合
日本にはB型肝炎ウイルス感染者が約150万人、C型肝炎ウイルス感染者が約200万人存在すると言われています。B型やC型の肝炎ウイルスは血液を介して肝臓に感染します。B型肝炎ウイルスは出産時に母から子へも感染しますが、現在ではワクチンなどを使って感染を防げるようになりました。またC型肝炎ウイルスについても、輸血血液のチェックがなされているので感染する心配はありません。

2・アルコールの場合
アルコール性肝障害はお酒の飲みすぎが原因の事です。アルコールは水に溶け、脂肪を溶かし、蛋白を変性させる働きがあるので体の細胞を直接害します。さらに肝臓ではアルコールが代謝されてできる毒性の強いアセトアルデヒドによって障害が強まり、肝臓の線維化(せんいか)が引き起こされます。

3・肥満の場合
最近は食べ過ぎと運動不足による肥満が増えていますが、肥満者の約80%に脂肪肝がみられます。また肥満や糖尿病の人に起こる炎症や線維化を伴って肝硬変へ進行する脂肪肝(非アルコール性脂肪肝炎:NASH)も知られてきました。

このように肝臓病になる原因としては、上記3つの事が主な原因となっています。ウイルス性、肥満、お酒の飲みすぎと言う事ですね。身近にある事としてはやはりお酒の飲みすぎ。以前医者に聞いた事があります。お酒の飲みすぎが続くと必ず肝臓病になる、と。そのぐらい飲酒については、肝臓へ負担をかけてしまうものなのです。

そこで他のページでもお伝えしていますが、普段から肝臓に良い食品を取ることを意識していかなくてはなりません。私も毎日お酒を飲む方ですので、しじみ習慣を継続的に飲むようにはしています。妻もしじみ汁など頻繁に作ってくてますし、やはり働き者の肝臓を守るには自分自身で行わないといけないと思います。