肝臓病の治療

肝臓と言うのは病気になっていても気づきにくいのが悪い特徴とも言えます。その割に体内での役割も多く、肝臓病になってしまうと本当にたくさんの症状が出てしまいます。この肝臓病は、肝炎⇒肝硬変⇒肝臓がんという流れで進行してしまうこともあります。健康診断の時にもし肝臓について指摘をもらったらすぐに診断をしてもらうのが大切です。

肝炎とは、いうまでもなく肝臓に炎症が起こった状態で、赤く腫れて熱を持ち、触ると痛みを感じます。単に「肝炎」というとウイルス性肝炎を指しますが、その他に肝炎を起こす原因として薬剤、アルコール、アレルギー等があります。日本人の肝炎の約80%が、肝炎ウイルスが原因と言われているのです。

肝炎の症状

肝炎の感染原因はどんな事が原因だとしても症状は似ています。肝炎では発症の仕方や症状の経過から大きく3つに分類することができます。突然的に発症し一過性の急性肝炎、6ヶ月以上症状のおさまらない(検査数値が正常に戻らない)慢性肝炎、急性肝炎のうち特殊なもので1週間から10日で死に至ることが多い劇症肝炎の3つがあります。

急性肝炎

急性肝炎はウイルスに感染してから数週間から数ヵ月後、または、薬剤を初めて投与されてから数週間後に発症します。一般的な症状としては、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などです。このような症状がでてしまったら、血液検査などで肝炎の程度や原因を調べる必要があります。 急性肝炎の治療法は入院して安静にしていることが基本です。食欲がない場合は、点滴を行って体力の維持に努めます。急性肝炎はほとんどの場合、数ヵ月で治る事が多くなっています。

慢性肝炎

慢性肝炎は急性肝炎が治りきらずに、肝細胞の破壊と修復が6ヶ月以上にわたって絶え間なく続いている状態を指します。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎で、中には肝硬変へ進むこともあるのです。人によっては、体のだるさや吐き気、食欲不振などの症状がみられることもありますが、一般的には慢性肝炎の自覚症状はほとんどありません。そのため、慢性肝炎と診断された人の大半は、健康診断などで偶然見つかる事が多いのも特徴的です。なお、慢性肝炎の治療は検査結果に応じて行われますが、肝機能が安定している場合は特別な治療は必要ありません。

劇症肝炎

急性肝炎の中で約1%の方が劇症肝炎になると言われているそうです。初期症状は急性肝炎と同じですが、普通の急性肝炎の場合は黄疸が出て1週間もすると自覚症状が和らいできますが、劇症肝炎の場合はますますひどくなり肝性脳症という意識障害が出るのが特徴です。肝臓がんの場合でも最終的には肝性脳症になる事もあります。この肝性脳症の症状が出ると、脳に悪影響が出ますのでおかしな言動をしだしたり、昼夜が逆転してしまう事もあります。最初の症状が出てから8週間以内に肝性脳症が出て、なおかつプロトロンビン時間(肝機能をみる指標の一つで健康な人を100%とします)が40%以下になると劇症肝炎と診断されます。 また、初期症状から10日以内に肝性脳症がでるものを、急性型、それ以降にでるものを亜急性型と分類しています。劇症肝炎は脳浮腫、感染症、消化管出血、腎障害等の重い合併症を引き起こすことが多く、多臓器不全の病態を示します。そのため治療は、救命を目的とした全身的なものになります。劇症肝炎は、肝臓病の中でも死亡率がきわめて高く、70~80%の人が死亡しています。